リバウンドは必ずあります

ダイエットで体重を減らすと、体は元の体重に戻そうとして、
血中の満腹ホルモンが低下し、反対に空腹ホルモンが増加していることが分かりました。

 

しかも、その状態が減量した1年後でも続いていることがオーストラリアでの最新の研究で明らかになったのです。
つまり、リバウンドは誰にでもあるということ。

なので、リバウンドしてしまってもがっかりしないことが大切です。
また、リバウンドの可能性があるということが事前に分かっていれば、
ダイエット後もドカ食いなどをせずに長期的な目線でバランスよく食事を摂っていけるのです。

 

頑張って体重を最大まで落としても、それはダイエットを継続したことによる経過点にしか過ぎません。
だからやめれば、また元に戻る。

それならば無理なく続けられる食事術や運動法を20代、30代のうちに見つけて習慣化した方が後々楽なんです。
食事で体重を調整し、運動で体型を維持する。