自分のゆがみに気付くことが大切

脂肪が気になる部分やたるみがあるなら、まず、なぜそこに脂肪がつくのか、自分のゆがみに気付くことが大切。

人は本来、自分が楽と感じる方向に体を動かす。

そうして長年のうちに癖になった体の使い方がゆがみを作る。

 

前後や左右にゆがみがあると、使う筋肉が偏り、せっかくウォーキングやランニングをがんばっても使われない筋肉はそのまま。

筋肉は動かなければ血液やリンパ液を流すポンプ機能を果たせず、脂肪は燃焼されにくい状態になる。

 

まずは自分の前後のゆがみをチェックしよう。

かつては反り腰タイプが多数派で、ペタ腰は妊婦さんや太った人ぐらいでしたが、最近はだらしない立ち方のペタ腰タイプがすごく増えている。

 

重力に負けて楽な姿勢をとった結果、腰が反っているのが反り腰で、体重を後ろに預けているのがペタ腰。

どちらも普段はお腹やお尻の筋肉に力を入れない為、お腹にもお尻にも脂肪がつきやすい。

弱った筋肉を鍛え、凛とした姿勢で立てる体の軸を作ろう。

これがウォーキングの基本になる。