リバウンドは必ずあります

ダイエットで体重を減らすと、体は元の体重に戻そうとして、
血中の満腹ホルモンが低下し、反対に空腹ホルモンが増加していることが分かりました。

 

しかも、その状態が減量した1年後でも続いていることがオーストラリアでの最新の研究で明らかになったのです。
つまり、リバウンドは誰にでもあるということ。

なので、リバウンドしてしまってもがっかりしないことが大切です。
また、リバウンドの可能性があるということが事前に分かっていれば、
ダイエット後もドカ食いなどをせずに長期的な目線でバランスよく食事を摂っていけるのです。

 

頑張って体重を最大まで落としても、それはダイエットを継続したことによる経過点にしか過ぎません。
だからやめれば、また元に戻る。

それならば無理なく続けられる食事術や運動法を20代、30代のうちに見つけて習慣化した方が後々楽なんです。
食事で体重を調整し、運動で体型を維持する。

睡眠時間と運動のダイエット効果

睡眠時間が短い人は長い人に比べて体重が減りにくいというのは、もはやダイエットでは常識です。

 

米国で行った男女10人の実験では、1日1400kcalの食事を条件に、
睡眠時間が平均8.5時間の人たちと、平均5.5時間の人たちを比較。

前者は平均1.4kgだったのに対し、後者は0.5kg減。

 

血中のホルモンを調べたところ、睡眠時間が少ないと食欲を増加させるグレリンが増えていることが分かりました。

仕事でのストレスは労働環境も含めて改善しにくいもの。
それならば、普段から早めに食事を済ませて、睡眠をしっかりとることが有効だといえます。

 

また、運動のダイエット効果は、空腹時と満腹時とでは役割が変わります。
食前だと体についた体脂肪の燃焼になるが、食後だと今食べた食事に含まれる糖の燃焼になります。

 

忙しい現代女性は、日常生活での動き不足に加えて、糖質過多の傾向が強い。

体の脂肪の原因は食事の脂質ではなく炭水化物。
夜に糖質を取ってすぐに寝ると太りやすいので、炭水化物を取り過ぎたら、
食事30分後にウォーキングなどの有酸素運動を行い、余分の糖を消費してしまうのがおすすめです。

無理なダイエットはしない

無理な食事制限や同じものを食べ続ける単食、自分の能力を超えた運動など、
肉体的、精神的な負担になる方法は避けましょう。
反動による暴飲暴食や、ケガにつながりかねないからです。

 

目標とする体重減の数字を明確にすることが大事。
冬太りの解消なら、最初のひと月で3~5kg。
BMI(体格指数)21を目標に、スリム志向の人なら19を目安に。

 

そもそも太る原因は、生活習慣に起因することも多い。

同じダイエット法でも個人差は出る。
数日で劇的な結果を求めない心の余裕を持つことも大事です。

 

また、どんなダイエットを行う時でも、日々の変化を記録しましょう。
成果を見える化すると達成度がひと目で分かり、モチベーションのアップになります。

記録するものは朝と夜の体重とウエスト。
そして1日で食べたもの。

目標の体重も書いておくとよいでしょう。
体重のグラフが少しずつ下がってきた様子がひと目で分かれば励みになります。

 

しかし、ダイエットには停滞期がつきもの。
一進一退を繰り返す時期があれば、食事内容やストレス、月経周期などを見返す。

ひと言メモをつけておけば、原因が特定できるほか、自分の体のリズムもつかめます。